コールセンター 在宅ワーク 派遣社員

【体験談】在宅コールセンターって、どんな感じ?在宅ならサボれるの?

【体験談】在宅コールセンターって、どんな感じ?在宅ならサボれるの?

在宅コールセンターってサボれるの?

 

上記の疑問にお答えします。

 

僕は、コールセンターオペレータ歴15年以上。

現在は、在宅コールセンターの仕事をしています。

 

結論

在宅コールセンターは、普通のコールセンターとくらべると、サボれます。

 

当記事の内容

  • 【体験談】在宅ならサボれるの?→サボれます
  • 在宅コールセンターは、どんな感じ?どんな環境?
  • 在宅コールセンターのみつけかた

 

【体験談】在宅コールセンターって、どんな感じ?在宅ならサボれるの?

【体験談】在宅ならサボれるの?→サボれます

在宅勤務でコールセンターをやっている場合、以下のような方法でサボることができます。

  • 疲れたら、ベッドに横になって休む
  • 後処理をしているように見せかけて、実はスマホをいじっている

 

疲れたら、ベッドに横になって休む

電話対応が終わったあとは、僕がどういった対応をしたかが次の人が見て分かるように、履歴を打ち込みます。その後処理の時間はだいたい8分以内におさめなければいけない決まりになっています。

 

でも、4分ぐらいで履歴を打ち込み終わったら、あと4分ぐらいダラダラしていても、バレようがありません。

 

電話対応が終わって、履歴を打ち込む後処理をして、「あー、疲れた~」と思ったら、机の隣にあるベッドに横になることができます。

 

在宅勤務ならではですね。会社で電話対応していたら、こういったことは当然ながらできませんから。

 

後処理をしているように見せかけて、実はスマホをいじっている

机の隣のベッドに横になりながら、スマホをいじることができます。

 

漫画を読むこともできるし、テレビを観ることもできます。

 

もちろん、バレたらたぶん相当怒られると思いますが、バレようがない。

 

【カメラで監視されている】家の仕事環境はこんな感じ

僕は現在、在宅勤務でパソコンのソフトに関する問い合わせに受け答えするサポートセンターで、電話応対をする仕事をしています。

 

週4~5日間、朝の9時~夕方6時まで、家で仕事しています。

 

家の仕事環境はこんな感じ

デスクの上に、ノートパソコンを2台置いて、マイク付きイヤホンをパソコンに挿して、電話対応をしています。

 

机の横にはベッドがあって、疲れたらそこに寝転んで休んだりしています。

 

カメラで監視されている

僕の会社のコールセンターでは、常に監視システムが働いていて、パソコン2台の画面上部に付いているカメラで撮られています。

 

監視システムにより、行動が制限される

これにより、以下の行動が制限されます。

  • 会社のパソコン以外のパソコンやスマホを操作すること
  • 自分以外の人間が、パソコンの画面を見ること
  • 漫画や本を読むこと
  • ノートなど紙に文字を書いたりメモすること(情報保護のため、紙にメモすることは禁止されている。電話応対中のメモはすべて会社支給のパソコンの中でのみ行うことになっている。)

 

上記の行動が見つかった場合、即会社をクビになります。

 

自分がお客様側の立場に立てば、そのぐらい厳しくやってくれないと安心できないと思いますから、妥当だと思います。

 

パソコンから離れて、休むことはできる

パソコンから離れて、休むことはできる

上に書いたように、基本的にはカメラで監視されています。ですが、パソコンから離れるときは別です。

 

寒いから上着を取りに行ったりとか、トイレに行きたいときは、席を離れることができます。

 

だから、ちょっと疲れたときに、トイレに行ったり、ベッドに横になって休んだり、パソコンから離れた場所でスマホをいじったりして、サボることができます。

 

在宅コールセンターは、一言で言うと、「しあわせ!」

在宅コールセンターって、どんな感じ?【一言で言うと、しあわせです】

在宅コールセンターは、一言で言うと、「しあわせ!」です。

 

在宅コールセンターがしあわせな理由

  • 出勤しなくて良いため、朝、余裕がある
  • 仕事中ベッドに横になって休んだり、スマホを見たりしてサボれる
  • ほかのオペレータに自分の応対内容が聞かれないから、気がラク

 

出勤しなくて良いため、朝、余裕がある

在宅勤務だと、朝バスや電車に乗って、会社に行く出勤時間がなくなります。

 

ふつうなら、顔を洗ったり髪を洗ったり、女性なら化粧をしたりと、家を出る前の準備にも時間がかかりますよね。

 

それらの時間は、合計1~2時間。でも、在宅勤務なら、その1~2時間を自由につかえます。

 

出勤しなくて良いぶん、朝や夕方、余裕が生まれます。

 

月20日出勤なら、月あたり約20~40時間も自由時間が増えることになります。

 

仕事中「疲れた!」と思ったら、ベッドに横になって休むことができる

上述のとおり、「疲れた!」と思ったら、仕事中ベッドに横になって休んだり、スマホを見たりしてサボれます。

 

やってみると分かりますが、これは、精神的にかなりラクになれます。

 

家でのんびり、リラックスしながら仕事して、お給料もらえるなんて最高すぎます。

 

近くに誰もいないから、気がラク

会社だと、自分の電話応対が、近くに座っている人の耳に入り、自分がまちがった案内をしたときに、隣や近くの席の人から指摘が入ることがあります。

 

でも、在宅勤務なら自分の応対が誰にも聞かれていないため、そういうことがありません。かなり気がラクです。

 

在宅コールセンターのみつけかた

在宅コールセンターはしあわせ

僕は、コールセンターという仕事は、ゆるくてラクなのに、給料が高いので、とても良い仕事だと思っています。

 

>>参考:【コールセンター楽すぎ】どの仕事よりも楽だからオススメです

 

そこに「在宅勤務」が加わると、朝余裕があったり、仕事中にベッドに横になったりして、たまにサボれる!!

 

最近は「在宅勤務」ができるコールセンターが増えています。コールセンターの仕事をさがすときは、在宅勤務ができるかもあわせて、さがすのも良いでしょう。

 

求人サイトから検索する方法

求人サイト(はたらいくより、勤務地を選択します。

当サイトには、プロモーションが含まれます。

はたらいくで勤務地を選択

 

フリーワード欄に「コールセンター 在宅」と入れて「検索」してください。

はたらいくで「コールセンター 在宅」と入れて検索

 

なお、じっくり探したい場合は、リクナビNEXTリクルートエージェントなどの人材派遣サービスを使うのが良いと思います。

>>参考:【完全版】リクナビNEXTの登録方法と手順を解説します【画像あり】

 

たくさんのバイトや、コールセンターの仕事を経験してきた僕から言わせれば、コールセンターの仕事は楽すぎるからオススメです。

 

>関連記事:【楽な人生】つらい仕事をやめて、ゆるくラクな仕事をするべき理由

【楽な人生】つらい仕事をやめて、ゆるくラクな仕事をするべき理由
【楽な人生】つらい仕事をやめて、ゆるくラクな仕事をするべき理由

仕事がつらい。やめたい。ラクになりたい。   上記のお悩みにおこたえします。   この記事を読むと、 苦しくない働き方が分かる。 いまのツライ仕事をやめて、ラクな仕事につける。→人 ...

続きを見る

-コールセンター, 在宅ワーク, 派遣社員
-